21日間で店長の仕事が学べる集中レッスンプログラム

店長の仕事ノウハウを知りたい方や、店長としての悩みを今すぐにすべて解消したい方へおすすめします

◆このページは、 株式会社アクティブ・コンサルティングが運営を行っております。
店長の仕事ノウハウ集は、当ホームページからのみ購入できます。
◆理論ではなく読み物ですので、楽しく読むだけで店長の仕事を学べます。

店長の仕事を身に付けて、売上や給料を上げたいなら・・・

店長ミーティング風景
もし真剣に店長として売上や給料を上げたいなら、
このページを最後までご覧ください。

あなたは、このたった1ページで、5千人以上の店長を育成した速攻ノウハウを習得できるようになります。 この店長の仕事ノウハウを知ることにより、あなたの仕事は激変します。

あなたはご自分の店長としての仕事に自信がありますか?

不振店をまかされても、売上を上げて繁盛店に変えることができますか?

あなたが学んだ店長の仕事は、先輩から見よう見まねで覚えたやり方か、あまり実績のないコンサルタントによる通り一遍の店長研修で学んだやり方だけではないですか。

グーグルまたはヤフーで、「店長研修」や「店長の仕事」というキーワードで検索してみてください。私共の会社、アクティブ・コンサルティングの「店長研修 実力店長を育成する研修」が上位表示されるはずです。店長の仕事について、最も詳しく実績のある会社だからです。

店長の仕事について本当に実績のある会社から学ばなければ、店長としての能力が高まるはずがありません。私共の会社の店長研修を受講すれば、必然的に店長としての能力が高まります。そして、店長研修を受講できない店長のために、特別にこの「店長の仕事ノウハウ集」を作成したのです。

なぜこれまでの店長の仕事では売上や給料があがらないのか?

  なぜ、これまでの店長の仕事では売上や給料をあげることが出来ないのでしょうか?・・・答えはとても簡単です。あなたが行っている店長の仕事は、本当に店長がやらねばならない仕事の半分以下しか行っていないからです。

私の会社の店長研修を受講しただけで、驚異的に店長能力が高まるのは、100%の店長の仕事ノウハウをフルに出しきっているからなのです。一般的な店長の仕事については、当社の店長研修のホームページに、ほとんど掲載してあります。店長の仕事の能力をフルに発揮するためには、ここから先が重要なのです。本当のノウハウを知るには、当社の店長研修を受講するしか方法はありません。

ありきたりな勉強しか行っていない店長は、・・・もはやこれからの時代には通用しなくなります。ありきたりな店長の仕事だけでは、必ず競争に負けてしまいます。競合店との競争に勝つための「店長の仕事ノウハウ」を知りたくありませんか? あまり実績やノウハウのない店長研修を受講したり、1000円前後の店長の仕事の書籍をいくら読んでも何の役にも立ちません。

このページを最後まで読んでいたければ、あなたの悩みを解消して、売上や給料を上げるのに役立つ店長の仕事ノウハウが身に付くはずです。

店長の仕事の正しいノウハウがないと、決して売上や給料を上げることはできません

 店長として売上や給料を上げる為には、店長の仕事ノウハウが絶対に必要なのです。これからの時代を生き抜きたいのであれば、 私が20年以上のコンサルタント経験から得た、驚くほど役立つ「店長の仕事ノウハウ集」をご覧ください。

はじめまして。株式会社アクティブ・コンサルティング代表の岡村憲之(おかむら のりゆき)です。

OKAMURA

例えば、私が教えた店長の事例を1つお話しましょう・・・・。

この店長は、企業がまだ店数が少ないときに入社しました。その頃は、出店エリアも狭く、組織も小さかったので、 店長は全員、社長の直轄のような形で仕事をしていました。やがて、創業した県に数多く出店を果たした社長は、 隣接した県へと出店エリアを広げようと考えました。

そこで、この店長を呼んで、本部からは最も遠く離れた他府県の新店への転勤を告げました。社長はこの店長に期待 していたのですが、何を間違えたのか、この店長は、自分は左遷されたと思い込んでしまったのです。店長が意欲を なくしたことにより、その店の売り上げは、全店で最下位という実績でした。

そこで社長から私に声がかかりました。この不振店を何とかしてくれと。私は、すぐにその店に行ってみました。そして、マンツーマンで、店長教育を開始したのです。そうしたところ、わずか2カ月後には、その企業で売り上げが 1位の店へと変貌を遂げました。同じ店長であるにもかかわらず、最下位から1位になったのです。

実際に何をどうしたのか聞きたいですか?それについては、・・・・・もうしばらくお待ち下さい。

店長は同一人物であるにもかかわらず、どうしてそのような違いが出てしまうのでしょうか?・・・それは、

店長の仕事の進め方に、決定的な違いがあるからです。
店長の仕事ノウハウを学べば、確実に実績が上がるのです。
この店長の給料が上がり、 その後の人事異動では、本部の要職へと抜擢されたことを付け加えておきましょう。

もし、あなたが、自分の企業で最も売り上げが低い不振店の店長に転勤になったら、私が教えて実績が上がった方法と、同じ方法を試してみて下さい。おそらく、何も学ばないまま、その店に行った場合と、大きな差がつくはずです。なぜこの様な雲泥な違いが出てくるのでしょうか?

フィッシュ

あなたは・・・

部下への接し方も、商品の販売方法も、
すべてにおいて間違った考えを持っているからです。

今や、ありきたりな管理や、販売方法では、部下もお客様も一切振り向いてはくれません。間違った方法では、間違った結果しか得られないのです。しかしあなたは、もう大丈夫です。今現在このページを ここまで読まれているからです。何故ここまで読んでくれたのでしょうか? それは・・・

あなたの心の中に、悩みをすべて解消したい
店長として売上を上げたい、自分の給料もあげたいという強い思いがあるからです。

あなたも、店長の仕事ノウハウを学んで実行すれば、売上や給料を上げることが可能です。 このページを最後まで読めば、「売上や給料をあげる」ことが可能だという自信が湧いてくるはずです。 つまり、あなたも超一流の店長になる第一歩をすでに踏み出したことになる訳です。

店長の勉強に、お金を掛けないで、無駄に時間を過ごす愚かな行為

売上や給料を上げることを望まない方は、今すぐページを閉じてください。
そして明日からまた、売上や給料の低迷に悩んでください。

優れた店長のマネをするだけで、あなたも優れた店長になれます。

 優れた店長のマネをして下さい。自分ひとりで悩んだり、自分のまわりにいる数人の店長や上司に相談するだけでは、何も解決方法が見つからないはずです。私は、これまで本当に数多くの店長と接してきました。その結果、外から一見するだけでは、ごく普通に仕事をしているように見えるのに、実際には大きな悩みを抱えているという店長が、驚くほど多いことがわかりました。深く思い悩んでいるのに、出口が見つからないのです。

もう1人で思い悩むことは一切やめて下さい。店内の人間関係や売上高などは、店長が一人で、どんなに思い悩んでみても、自己流のやり方では、そう簡単に解決するはずはないのです。貴重な時間を、思い悩むという無駄な時間に使わないで下さい。店長の仕事のノウハウを知らないで、思い悩んでみても、無駄に時間が過ぎるばかりです。解決策は、何も浮かんでは来ないのです。

では、どうしたら良いのか?・・・その結論が・・・

簡単です。優れた店長の仕事ノウハウをマネれば良いだけです。

マネれば良いという単純な発想が、あなたの悩みを解決してくれます。例えば、一代で、世界最大のチェーンストアを創り上げた ウォルマートの創始者であるサム・ウォルトンは、自らの自伝の中で、自分が成功したことの大半は、他の成功事例から学んだことだと語っています。 他の成功事例から学んだことを、そっくりそのままマネしてみればよいのです。そうしているうちに、改善点なども見つかり、その中から、自ずと自分らしさが出てくるのです。成功事例を学ぶためには、できるだけ多くの情報を集めなければなりません。

あなたが上手くいかないのは。自分が最良と思っている方法を疑いもせず行っているだけだからです。 これだから売上も給料も上がらないのです。貴重な時間ばかりを費やし、肝心な店長の仕事ノウハウの勉強に力を注がないから、いつまで 経っても素人のままで、売上も給料も上がらないのです。

最初に店長の仕事の基本的なノウハウを教えて貰えれば、何の知識もない人に比べて上達に格段の差が生じるのは明らかなのです。これは何事にも同じ事が言えます。店長の仕事の基本をマスターしてしまえば、後はあなたの 努力だけで売上も給料もあげられるのです。こんな単純な事が分かっていないから売上があがらずに悩んでしま うのです。売上を上げる為、給料を上げるためには、優秀な店長をマネることが最も手っ取り早いのです。

あなたが成功しない致命的な欠点

 ここまで読んでいただいたことにより、あなたは、店長としての多大なる実績をあげて、収入を高めて、いずれ本部での要職につき、仕事のやりがいと高収入を手にいれる道筋を理解していただいたことと思います。起業して社長になるのも夢ではありません。しかし、いくらその方法を知ったからといって、まだあなたには、成功できない致命的な欠点が残っています。

あなたの周囲には「必ずしも優秀な店長がいない」という 致命的な欠点が潜んでいます。

あなたの致命的な欠点。 それは、マネをしようにも、周囲に優秀な店長がいないという事です・・・・・・・この意味は、 このページを最後までお読みになった後に解決策をご理解出来ると思いますが、この致命的な欠点を克服しない限り、 あなたの収入は決して増えることはありません。それはほとんどの人が抱えている問題点です。

あなたの周囲に2人や3人の優秀な店長がいたとしても、それだけでは決定的に不足しています。 そして、これがあなたの店長としての成功の邪魔をする決定的な致命傷となっています。私ならその問題を解決できます。 なぜならば、私はこれまで、ものすごい数の店長と接してきたからです。優秀な店長を、あなたとは比べものにならないほど たくさんの数を知っています。だから、この問題を解決できるのです。

その解決方法は

私が20年以上の間、コンサルティングを続けてきた努力から得たものです。

優秀な店長が実行していること。読めば 「ふ~ん、そうなんだ」 くらいのことかもしれません。しかし、私がこれまでに接してきた、売上や給料を上げられない店長の、ほぼ100%は、店長の仕事ノウハウを知らないために、成功 することができないままいるのです。店長の仕事ノウハウを知らなければ、どんなに努力してみても、店の問題を何も解決できないまま、毎日、悩み続けるだけで、ただむなしい時間を過ごさざるをえないのです。

あなたが店長として成功して認められるためには・・・

あなたが成功するためには、劇的な変化が必要なのです。

 あなたが、ここまで読まれてページを閉じたとしましょう。あなたの生活は、明日からも今までと何も変わらないために、また悩み続けます。 給料もあがらないでしょう。いや、インフレによる物価高と増税で、あなたの生活水準は、一気に下降線をたどるでしょう。将来にわたり、生活が向上することは決してありません。 あなたの一生はそれで終わるのです。

しかし、私はあなたのモチベーションを簡単に上げ、成功して良い生活を手に入れさせることが出来ます。このページを最後までお読みいただくだけで、あなたの心は高揚しきっているはずです。 あなたが変わろうとさえすれば、劇的に変化する優雅で幸せな生活が待っています。

あなたには店長として、更にあなたが望めば経営者としての潜在的な高い能力が備わっています。

ただ、その能力を使って行動を起こしていないだけなのです。

あなたが、ここまで読まれたということは、あなたはビジネスに真剣であるということです。 ダメな人間はとっくにページを閉じているでしょう。あなたは今の状態を脱したいはずです。 大儲けして成功の扉を開けたいはずです。まず店長として、そして将来は起業して経営者として成功することにより、 年収を数千万円にすることも可能です。その素晴らしい世界は、あなたの全ての悩みを解決してくれるはずです。 あなたには高度な能力があります。それなのに、その能力を使っていないために、苦労ばかりしているだけなのです。

ビジネスは行動しなければ、何ら変化をもたらしません。売上など上がる訳がないのです。成功したい、儲けたいと思っても、 行動しなければ絶対に変わることはないのです。もう一度いいます。行動しなければ何も変わりません。行動しないで一生を終えるのです。 こんな寂しい人生ってあるでしょうか?

しかし、あなたは今日あなたの生活を劇的に変化させる私のホームページに出会いました。あなたはまず店長としての成功を収め、その後さらなる成功を手に入れるための第一歩を踏み出したのです。

私はあなたのモチベーションを驚異的にアップさせ、成功させるノウハウを持っています。あなたは今日から劇的 に変わることができるのです。「店長の仕事ノウハウ」という驚愕なノウハウを使って人生を変えるのです。「店長 の仕事ノウハウ」は、経営者としての成功にも、そのまま役立ちます。

あなたの成功のために店長の仕事ノウハウを学んでください。

次はあなたが成功する番です!3週間後には劇的に変わったあなたがいます。

究極のノウハウ身につけることが出来るあなたは、成功しか見えなくなります。

もう一度言います。成功するには、成功している人間をマネることが一番手っ取り早いのです。

マネして成功する、部下管理方法、売上アップ方法の「店長の仕事ノウハウ」

驚愕のノウハウ「店長の仕事ノウハウ集」は、あなたの生活水準を格段にアップさせるでしょう。

そんな「店長の仕事ノウハウ集」とは?どういう書籍なのでしょうか?

書店で 「店長の仕事ノウハウ集」 を販売出来ない理由・・・。
それは、本来は当社の店長研修でしか教えない門外不出の内容 のエッセンスが満載されているからです。

それゆえ、購入する方とコミュニケーションが取れるホームページでのダイレクト販売に限定させて頂いているのです。


1日目  「店長の仕事ノウハウ集」の第1巻は、店長としてのあるべき姿や、組織における店長の役割について執筆しています。 当たり前のことなのですが、ほとんどの店長は、本当の意味で、店長の役割について学ばないまま、成り行きで店長になって います。急に店長になって、目の前の仕事だけを一生懸命にやっていてもダメなのです。自己流で成果があがったつもりでも、 会社全体から見たら、評価のポイントがずれている場合があります。これから店長になる人にも、すでに店長の仕事をしている 人にも、必ず読んで頂きたい内容となっています。「店長の基本」ができていなから成果があがらないのです。
テキスト表紙1
店長は個人商店の店主になってはいけない
■個人商店は理想像なのか?■チェーンストアに発展した理由■発注は店でやるべきものなのか■コーポレートチェーンの発注方法■チラシの重要性の認識■常にチェーン全体を考える■カレーチェーンが決めたルール
店長の本当の役割を理解せよ
■万能マニュアルはない■既存のマニュアルが欲しい■オンリーマニュアルを作成する■マニュアルは弊害を生むか■マニュアルの本当の意味は何か■脱マニュアルは正しいのか■マニュアルはいつ完成するのか■マニュアルの主役は店長■本部のマニュアルの作り方■マニュアルを活用する


2日目 「店長の仕事ノウハウ集」第2巻では、店長の仕事の全体像すなわち店舗オペレーションのノウハ ウについて執筆しています。この巻を読むと、店舗オペレーションとは具体的に何をすることなのかを完全に理解 することができます。そして、店舗オペレーションの重要な要素であるワークスケジュールの作り方を学ぶことが できます。店舗オペレーションのノウハウを知らなければ、店長の仕事をやり遂げられるはずはありません。優れ た店長になるためには、必ず店舗オペレーションのノウハウを学んで下さい。

店舗オペレーションの達人になる
■店舗オペレーションとは何か■清掃マニュアルを事例に考える■スタンダードをどう表現するのか■実行頻度に応じた運用マニュアルが必要■ワークスケジュールを組む前提■週次ワークフローの作り方■日次のワークスケジュール
パートの採用と教育で精鋭部隊を創り上げる
■作業量をまず決めてから採用を考える■パートやアルバイトの採用方法■面接で必ず確認しておくべきこと■導入教育が重要である■自店方針をわかりやすく説明する■店長による教育訓練の進め方■教育と訓練を組合せて実施する

お申込みボタン


3日目 「店長の仕事ノウハウ集」第3巻では、店長が必ず身に付けておかなければならない経営や売場の数字について詳しく 執筆しています。数字は苦手だという店長は、ビジネスに成功することはできません。自分の店の損益計画を自分で 立てたり、本部から示された経営数値を理解できない店長は、企業にとって必要がないのです。これまでに出世したり 起業して成功した人は、本当の意味で数字に強い人なのです。「店長の仕事ノウハウ集」を読めば、店長にとって 必要な数値の見方や、損益計画の立て方がわかるようになります。
第3巻テキスト
数字に強い店長しか生き残ることはできない
■経営者感覚とは■必ず覚えておくべき基本数値■主要な数値の説明■損益計算の数字■流通業界特有の表示に注意■店への投資金額■経営分析の主な項目■主要経営指標の計算■数字から店の特徴をつかむ■数字から仮説を立てられる
店別損益計画が立てられない店長は不要だ
■与えられた目標に納得できない■部下から給与の不満を言われた■これだけは売らないとつぶれる■給与と売上高の適正なバランス■これくらいは売れるはずだ■売上高目標を細分化する■損益目標の立案ポイント


4日目  この第4巻では売上不振の店を、どうすれば活性化できるかについて執筆しています。第4巻でいよいよ佳境に入ってきた感じです。 できる店長とできない店長の違いは、売上不振店を担当させればすぐにわかります。できる店長は、売上不振の原因を分析して、 改善策を実行することにより、業績を回復させます。できない店長は、業績を回復させることができません。 「店長の仕事ノウハウ集」を読めば、あなたも売上不振店の活性化策を習得できます。つまり、できる店長に生まれ変わることができるのです。
第4回テキスト
売上不振の原因をデータで分析せよ
■国道16号線にある閉鎖店舗■店舗が閉鎖に追い込まれる理由■戦略の間違いを戦術で取り返すのは至難のわざ■店長はレジ客数に注意せよ■客数分析の具体的なポイント■他業界に学ぶクロスマーチャンダイジング■売上を構成する要素に分解せよ■売上分析の多角的な手法■各要素の基準数値を理解して評価せよ
在庫回転率の向上に積極的に取り組め
■特定の機種のみしか売れない■パレートの法則とは■カテゴリーごとに推奨メーカーを選定■メーカーを切り替えるテクニック■優れたMD能力を持つ企業とは■在庫目標をしっかり持つ■陳列商品に意味づけをする■接客レベルまで落とし込む


5日目  第5巻では・・・利益改善の方法について解説しています。店長は売り上げ目標を達成することはもちろん重要なのですが、それ以上に利益を獲得することが 重要です。そんなことはわかっているとおっしゃられるかもしれません。しかし、実際には利益を高めることは、とても難しいのです。価格を下げれば、売上は 増えますが、利益率は下がります。価格を上げると、利益率は上がりますが、今度は売上が下がります。売上と利益を一度に高めることができて、初めて改善と 呼べます。優秀な店長はこの難しい問題をクリアしています。いったいどうしたらよいのか。・・・・・あなたにだけ、そっとお教えします。
第5巻テキスト
粗利益アップのための具体策に着手せよ
■売上高至上主義は間違っていない■売上高に利益を伴って伸ばすことが重要■粗利益アップの5つの方法■棚割改善で粗利が大幅アップ■ドラッグストアの粗利改善事例■単品大量販売の意識を徹底■ロスの削減は店長の役割■商品部の決めた棚割を維持
店長はローコストオペレーションを自ら推進せよ
■人件費削減は個別の給与削減ではない ■適正配置の基準を知る■部門ごとの数値を把握する■数字以外にも注意すべき点■作業管理が重要な仕事■チラシ配布エリア■DMの効率的な活用■チラシとDMの使い方の違い


6日目  あなたは人時生産性を意識して、毎日の仕事を進めていますか。作業管理が、店長の最も重要な仕事であることを理解していますか。 人に仕事を付けると、仕事に人を付けるの違いが分かりますか。売上が下がっても利益を出す方法を知っていますか。第6巻では、 店長が行うべきコストコントロールについて執筆しています。売上を高めることだけが店長の役割ではありません。売上が下がっても 利益を出せる店長が信頼されるのです。・・・第6巻を読むと、店長としてもういちランク上にあがったことが実感できるはずです。
第6巻テキスト
人時生産性を高める作業管理に取り組もう
■買いたいのに販売員がいない■再び販売員を待つことになる■人時売上高を平準化する■誰でもわかる人時生産性の説明■人件費を変動費に変える■LSPの導入が不可欠■人と仕事とどちらが先なのか■年次・週次・日次の計画表■接客作業にどう取り組むか
売上は下がっても絶対に赤字を出さない
■競合状況を冷静に見極める■競合店の出現で店長が取るべき対応策■強みの中に弱みがあり、弱みの中に強みがある■店長は綿密な売上高予測をすべきである■赤字を絶対に出さない■損益分岐点を下げる■販管費削減が重要ポイント■意識を切り替える

お申込みボタン


7日目  生鮮食品は、鮮度を重視しなければならないが、それ以外のもの、例えば耐久消費財には鮮度はあまり関係ないなどと考えて いませんか。そのような考えでは、店長の仕事は務まりません。どのような業種・業態の店舗でも、 商品は刻々と腐っていくのです。こういう感覚を持っていないからダメなのです。「店長の仕事ノウハウ集」の第7巻を 読めば、鮮度の高い売場づくりのポイントが理解できます。実行に移せば、あなたの店の売り場が生き生きとしてくるはずです。
第7巻テキスト
鮮度の悪い店長は即刻、売り場を立ち去れ
■マスコミ広告と連動した花粉症対策コーナー■スーパーマーケットはなぜ青果売場から始まるのか■右回りと左回りとどちらが正しいのか■エクステリア業界の思い込み■小売業の売り場づくりで最も重要な要素■店長は旬な商品の情報を集めろ■旬な商品の情報収集5つの手法■各売り場で旬な商品が一目でわかる工夫をせよ■旬な商品を目立たせる決め手■定期的な売り場替えが売りを高める
木を見て森を見ずの売り場づくりをするな
■仲間から聞いたあるパソコンショップでの出来事■臨機応変な対応とはどういうものか■同じ店であるにもかかわらず通販で買って下さい■総合家電店のパソコン売場には行かない?■総合家電店と専門店やカメラ系家電店との違い■通路設計を明確にする■什器はできる限り整然と並べる■ゾーニングは購買頻度の高い商品を手前に配置する■ゾーニングは商品関連のくくりを重視する■客動線調査により店舗レイアウトの問題点がわかる


8日目 あなたはアメリカ視察に行ったことはありますか。アメリカのチェーンストアを見ると、日本の店とは何かが違うと感じるはずです。でも、実際に 何が違うのでしょうか。日米の店舗比較をすることによって、日本の店舗の問題点が浮き彫りになり、何を改善すればよいかがわかるはずです。 あなたは店舗理論を知っていますか。実際に実績の高い店舗は、店舗理論に忠実な店づくりをしています。・・・・ここまで説明したことがよく わからなかったり、自信がない店長は、この第8巻を必ず読んで眼からウロコを取り除いて下さい。
第8巻テキスト
既成概念を取り払った売場づくりに挑戦せよ
■日本の店舗はまったくの同質競争■米国の個性に学ぶべき点が多い■マツキヨ大躍進のきっかけとなった売場づくり■顧客の真のニーズを考える■表面的に猿まねをする愚かさ■顧客の選択基準を考える■まず試してみて結果を見る
店舗理論を踏まえた上で売場を活性化する
■100円ショップの売場づくり■集客MD理論■千円ショップの磁石作戦■マグネットの理論■繁盛店は理論に忠実である■一見よい店舗でも売上が伸びない?


9日目 あなたは顧客から見た良い店の条件を知っていますか。競合店調査の本当に必要なポイントを知っていますか。 商品構成グラフの作り方を知っていますか。売価差のある競合店との戦い方を知っていますか。どれも店長に とっては必要な知識ばかりです。競合に勝つ店は勝つべきして勝ち、負ける店は負けるべきして負けているのです。第9巻では、このような 店長にとって必須のノウハウについて執筆しています。「店長の仕事ノウハウ集」ならではの戦い方のノウハウを存分にご覧ください。
第9巻テキスト
競合店対策は避けて通れない重要課題だ
■店長は時代から遅れている? ■経営者から見た店長の課題■親切なディスカウントストア?■顧客から見た良い店の条件■ハイパーマートの教訓■競合店の総合的な調査が必要■商品構成グラフの作成■競合店調査の留意点
売価差をできるだけ埋める努力をしよう
■ある日の買い物体験■価格が高いのに山積された商品■自宅に特価チラシが入る■満足度は価格だけではない■もし接客が悪かったら? ■販管費を下げる本質的な方法■基本マナーの向上■商品知識の充実


10日目 あなたの戦っている競合店は、どのような企業のどんな店舗ですか。優秀な店長は、同規模の競合店には絶対に負けません。そして、 自店よりも大型の店舗とも互角の戦いを挑みます。あなたは、自店の売上が不振なのを、売価差だけに押し付けていませんか。実行する前に、言い訳を考えるような習慣がついてしまっては、人生に成功することは決してできません。負け癖がついてしまった店長が、 どうすれば勝ち組に転換できるのか、その具体的な方法を、あなたは知りたくはありませんか?
第10巻テキスト
小型店舗で大型店舗に挑む戦法を学ぼう
■大商圏前提の店は危険だ■売上高から必要顧客数を設定する■小商圏で勝てる店づくり■店舗の標準化を進める■しまむらに学ぶチェーン運営の極意■局地戦を選べ■一騎打ちに持ち込め■接近戦を展開せよ■一点集中主義を取れ
店舗規模が同じ競合店には、絶対に負けない
■本当に売価の違いなのか■価格以前に問題がある■精神的に負けている■リーダーは戦う姿勢を持て■接客に消極的になっている■接客に負けている理由をさらに追究する■接客最重点の体制づくり

お申込みボタン


11日目  同質競争、日本の小売業ではとてもよく聞かれる言葉です。自分たちは一生懸命に個性的な店づくりをしているつもりでも、お客様から見た時に 自店と競合店の違いが分からなければ、まったく意味がありません。それでは、具体的に、どうすればよいのでしょうか。第11巻は、自店を 同質競争から抜け出させて、店に新規客を呼び込み、店のファンにしてしまう方法について執筆しています。
第11巻テキスト
同質競争から脱して競合店と差別化する
■最も儲かる形態は製造販売■チェーンストアはSPAを導入■製造販売以外の優良企業■粗利ミックスで利益を高める■同質競争から脱する方法■来店客数アップから考える■話題づくりで客数を増やす
新規客を店のファンにしてしまおう
■新規客の不安を取り除く■オープンセールの重要性■顧客は年間25%は入れ替わる?■客が逃げない店にする■プラス要因を創り出す■POPの目的を考える■すべての客を公平に扱う


第12日目 接客アプローチが早すぎると嫌がられ、遅すぎると逃げられます。接客って難しいなあと思ってい ませんか。こんなに難しい接客をスタッフにどうやって教えてよいか悩んでいませんか。接客に苦労している店長 は、第12巻を読んで下さい。顧客の心理が分かり、接客が驚くほど上達するはずです。そして、接客理論を覚え られますから、販売スタッフにわかりやすく教えることもできるようになります。第12巻は、接客力を高める方法に ついて執筆しています。
第12巻テキスト
顧客志向の接客を売場でどのように実現するか
■顧客の購買心理7段階■アプローチのタイミングの見極め方■効果的なアプローチ話法■よいアプローチとはどのようなものか■アプローチはセット話法にすると効果倍増■誰でも使える魔法の言葉を覚えよう■ボトムスの強化が買上点数アップの前提■コーディネート力で買上点数を高める
高付加価値商品を販売できる力をつける
■安物しか売れない店■同質競争の限界■販管費の高い店から負けていく■真の消費者満足とは■販売員の意識改革■商品価値を理解して選んでもらう■売場づくりと接客の連動


第13日目 あなたの店はポイントカードを導入していますか。ポイントカードを5倍特典、10倍特典というように、単なる値引による集客の手段としてしか 考えていないのではないでしょうか。入手した顧客情報をを分析して活用すれば、もっと効率的に売上や利益を高めることができます。その1つの 販促策が、ミニイベントです。7つの成功ポイントを実践すれば大きな成果があがります。第13巻は、顧客情報を活用した販促手法について執筆 しています。
第13巻テキスト
顧客データが宝の持ち腐れになっていないか
■アメリカのレジで見た光景■値引き合戦だけのポイント制■日本のロイヤルカスタマー■アメリカのロイヤルカスタマー■ロイヤルカスタマーのシンプルな基準■基本となるRFM方式■スリー・ライフ方式■販促実施における店長の役割
海老で鯛を釣るミニイベントを実施せよ
■石に噛付いても売りを創る■2種類のマーケティング■イベントのターゲット選定■イベントの本質は非日常性■7つの成功ポイントを実践


14日目 店長は即効性のある販促策を実施しなければならない場合があります。販促策には法則があり、その法則に基づいて仕掛をすると大きな成果が得られます。 販促には、企業として実施しなければならないものと、店長の権限で実施できるものがあります。一般に売上がピークになる年末商戦は、店長の腕の見せ所です。 店長の能力によって、売上が大きく変わります。第14巻は、店長がすぐできる即効性のある販促策について執筆しています。
第14巻テキスト
できる店長が密かに実行している即効販促策
■販促策には法則がある■集客力を高める販促策■信頼を獲得する販促策■企画で勝負する販促策■売上高を高める販促策■固定客づくりのための販促策■販促費を使う時と使わない時■ピーク時には思い切って使う
売上が最大になる年末商戦の戦い方
■なぜ年末商戦は重要なのか■買上点数を高めるための努力をする■年末に売れるキーカテゴリーを強化する■立地に応じた年末商戦の商品戦略■年末商戦のスケジュール管理■社内外の連絡を密にする


15日目  店長は部下を活用して実績を高めることを期待されている役職です。そのためには、店長は自分の部下を教育しなければなりません。つまり、店長は部下に対する 教育責任者です。新入社員が配属されたら、新入社員を育てることができる店長と、新入社員をダメにする店長がいます。店長が部下を育成する能力を身に付ける ためには、どうすればよいのでしょうか。第15巻は、店長がどのように部下育成をすればよいかについて執筆しています。
第15巻テキスト
店長は部下に対する教育責任者であれ
■新入社員をダメにする店長■新入社員が現場でダメになる理由■研修のあるべき姿■私の理想に近い研修形態■仮説―実践―検証■スーパーバイザー研修の内容■店長による部下教育
組織理論を学ばなければ部下管理はできない
■店長の本部に対する不満■命令統一の原則■売場面積が広くなると次元が変わる■小型店と大型店での店長の役割の違い■スパン・オブ・コントロール■権限と責任の原則■業績の高い店長の言葉

お申込みボタン


16日目  部下は常に店長のことを見ています。若手店長とベテラン店長では、部下管理の手法が違います。その違いとは具体的にどのようなものなのでしょうか。 どうすれば店長は部下を生かすことができるのでしょうか。実績を高めるためには、店長は時には鬼となって部下を強く叱ることも必要です。それなのに、 部下を本気で叱る店長はなぜ少ないのでしょうか。第16巻を読むと、ほめるスキルと叱るスキルが身に付きます。
第16巻テキスト
部下は店長のことを理解しているのだろうか
■転勤でやる気を失った店長■店長にやる気を取り戻させる■店長に対する次のステップ■若手店長の部下管理手法■ベテラン店長の部下管理手法■店長の熱い思いを語れ■人間でなく仕事を管理する
時には鬼となって部下を叱れる店長になれ
■本物のチェーンと偽物のチェーン■チェーンストアの企業格差の要因は何か■キャンペーンにも格差がある■必死に取り組むスーパーバイザー■店長不在のキャンペーン■キャンペーンの本質を店長に教える■なぜ部下を本気で叱れないのか■管理者の仕事は部下育成


17日目  チェーンストアは、パートを主体に運営している店舗も多いです。したがって、パート社員の能力を100%発揮させることの できる店長が求められます。自分より年上のパートの意欲を高めて、味方につけるためには、ノウハウが必要です。キャンペーン も含めて、部下に高い目標を持たせて挑戦させることのできる店長になるには・・・・第17巻を読んで下さい。
第17巻テキスト
パートの潜在能力を100%発揮させる店長になる
■できる店長とできない店長■パートやアルバイトの本音■正社員とパート・アルバイトの意識の違い■最初のボタンの掛け違い■導入教育が極めて重要■教育能力を持たない店長の悲劇■必要な教育は店長が自ら行う■常に高い目標を持たせる
燃える集団でキャンペーンを成功させる
■店とメーカーの希薄な関係■店長がメーカーや卸会社に望むこと■燃える店と燃えない店■キャンペーンの本質の理解■部下に意識づけをする■高い目標に挑戦させる


18日目  顧客に一生懸命にアプローチしても、まったく相手にされない販売員がいたとします。あなたは店長として、このような部下をどのように指導しますか。 店長が適切なアドバイスをすることによって、ダメな社員を優秀な社員に変えることができます。 これができなければ、部下を使って実績をあげることは永久にできないでしょう。第18巻は、部下に対して、正しい指導のできる 店長になる方法について執筆しています。
第18巻テキスト
店頭販売員を生かすも殺すも店長しだいである
■続けて断わられている気の毒な店頭販売員■もし私が店長だったら■高実績をあげているパート社員■赤ちゃんと受験生で説明を変える■素晴らしい店頭販売員に学ぼう■新製品情報を全員に徹底する■客層に応じたきめ細かい話法の研究をする■目標を決めて、良い意味での緊張感を持たせる
店長が部下の能力を低下させていないか
■店の選択は接客で決まる■買う気を損なう販売員■間違った接客指導の可能性■この店から買いたい■粘り強く教えることが大切

19日目 あなたは、サプライチェーンマネジメントやカテゴリーマネジメントについて詳しく知っていますか。もし知らなかったら、勉強しなければ なりません。第19巻を読めば、それらの意味を理解することができます。また、テナント店とフリースタンディング店では、店づくりや運営 方法が変わります。店長が運営の違いを知らなければ、実績を高めることができません。・・・第19巻で学びましょう。
第19巻テキスト
メーカーや卸会社の社員を味方につけよう
■過去の対立する関係■持ちつ持たれつの関係■新興勢力の出現■再び対立の関係へ■真の協調関係へ■サプライチェーンマネジメントとは何か■カテゴリーマネジメントの推進■情報のオープン化
テナント店の店長はこうやって売上を伸ばす
■あるテナント店のレイアウト■フリースタンディングとテナント店の違い■サンドイッチ状態の立地とは何か■ネバフッドショッピングセンターへの出店■複合化で相乗効果は生まれるのか■いかに通行客を誘い込むか


20日目 店長は、マーケティング理論を学ばなければなりません。ビジネスは戦争であり、戦いに勝つには戦略が必要だからです。マーケティングは広く深い概念ですが、ここだけは押さえなければならないポイントがあります。第20巻では、これだけ学べばマーケティングのエッセンスが学べるというポイントについて執筆しています。また、マーケティングの基礎となる調査方法も学べます。
第20巻テキスト
店長はマーケティングに強くなれ
■店長にはマーケティング理論が必要■マーケティングとは何か■マーケティングの4つのP■ビジネスは戦争である■戦いに勝つには戦略が必要だ■ターゲティングとポジショニング■これだけ学べばマーケティングが分かる
迷ったら消費者の声を素直に聞こう
■きれいなのに売れない店■即座に処方箋が浮かぶ■低迷店と繁盛店の違いは何か■一流ホテルのレストランとラーメン屋■消費者は小売店に何を期待するのか■客の立場に立って考えよ■効果のある調査手法を選ぶ■調査結果から行動を起こす


21日目 あなたは、同僚と居酒屋などに行って、愚痴をこぼしていませんか。アルコールの力を借りて、どんなに愚痴をいってみても、何の解決にも なりません。本当に店の問題を解決するためには、本部に対して堂々と意見の言える店長にならなければなりません。 第21巻まで読み進めたあなたは、堂々と本部に意見がいえる資格を持った店長に育っているはずです。もう優秀な店長に育っていますが、 第21巻では、さらに成長を続けるための自己啓発についても説明しています。
第21巻テキスト
本部に対して堂々と意見の言える店長になる
■愚痴をこぼしても無意味■商品部に対する不満■意見を言える場がない■経営者の意識とのギャップが大きい■形式はあれども機能せず■改めて場づくりをする■問題提起のできる店長
店長の自己啓発には永遠に終わりはない
■店長が替わると業績が変わる■新任店長への引き継ぎができていない■データ分析から対策を立てる■売上計画の見直しと意識づけ■本部は見て見ぬふりをしている■社会人こそ勉学に励め■勉強の対象は無限にある

お申込みボタン


本物の店長の仕事ノウハウを身に付けて、成功体験を味わう・・・

ありきたりな店長の仕事の勉強はもうやめませんか?

書店で売っている店長ノウハウ本は、ほとんど役に立ちません!

「店長の仕事ノウハウ集」は実際に実績をあげた店長事例に基づいて作成したノウハウ書籍なのです!

 世の中に店長と名がつく仕事をしている人は数多くいます。でも、店長として目立つほどの実績をあげている人はどれだけいるでしょうか。 あなたも「店長の仕事ノウハウ集」で、驚くほどの実績アップを実現できるようになるはずです。全店トップクラスの店長になることも可能です。 まわりから尊敬されて誇らしい気持ちになり、収入が大幅アップ・・・このゾクゾク感をあなたも味わって下さい。

この「店長の仕事ノウハウ集」は全21巻からなる書籍です。お申し込み頂くと、450ページに渡るノウハウが一括配信されます。

フィッシュ

「ありきたりな店長の仕事では、売上をあげることも給料をあげることも期待できません。今のままでは、いつまでたっても 苦労ばかり多くてうだつのあがらない、いち店長のままです。店長の仕事ノウハウをしらない人は、今後、確実に淘汰されて いきます。店長という名前は付いていても、苦しい毎日が続くだけです。

もう一度言います。本当の店長の仕事ノウハウを知らない人は、一生成功は望めません。あなたは、まず店長として実績を高めなければ、 その先の人生にも成功はないのです。

いまの店長の仕事に成功して、自信を持つことが大切です。店長として立派に店を運営できるようになれば、その先には幹部社員と しての出世の道や、起業して経営者になる道も開けるのです。

20年以上コンサルタントをしてきた私が断言します。店長として成功すれば、将来成功する可能性が高まります。言い換えれば、 それほど、店長という仕事は難しい仕事なのです。しかし、この「店長の仕事ノウハウ集」があれば、大丈夫です。

この仕事ノウハウを学んだあなたは、ビジネスに対し絶対の自信を持つようになるでしょう。そして、成功体験ができるのです。時は金なりです。店長の仕事に悩む時間がもったいなくないですか?

 この450ページ(全21巻)にもなる「店長の仕事ノウハウ集」の値段は19,800円(税込み デジタル版)にてご提供させていただいております。

店長の仕事・ビジネスのノウハウがぎっしり詰まった書籍が、1巻あたりにすると、たったの950円です。

生ビール2杯分です。パスタを一皿食べるくらいの値段です。わずか1巻950円で、本物の店長の仕事ノウハウが学べるのです。あなたがこの店長の仕事ノウハウ集たった1巻を独学で習得するには、いったいどれだけの時間とお金が掛かるでしょうか?それこそ 膨大な時間と大金が必要になってきます。「店長の仕事ノウハウ集」ならたったの1巻950円で、しかも1巻を1日で習得出来てしまうのです。

同僚と飲み屋に行って「何も解決できないグチ」を言い合って何の意味があるのでしょうか? あなたは居酒屋で愚痴を言うために、3~4千円は何の抵抗もなく支払っていると思います。将来、高収入を手中に出来るかもしれない勉強に 1巻950円を投資しないのはなぜでしょうか?

私は不思議でなりません。私は「店長研修」を20年以上、継続して実施しているコンサルタントです。これまでに、全国の様々な店舗を回り、 数えきれない程の店長と顔を合わせて話をしてきました。その中から得た、貴重なエッセンスを凝縮したのが、この「店長の仕事ノウハウ集」です。

フィッシュ

つまり、私のこの「店長の仕事ノウハウ集」は、全国の数多くの店長の良い部分を盛り込み、なおかつ自分で20年以上かけて研究してきた 貴重な店長の仕事ノウハウが書かれていることになるのです。机上の空論ではなくて、現場体験から得た貴重な情報です。

単純計算で、私の「店長の仕事ノウハウ」と同様の知識を集めようとすれば20年以上の時間が必要です。いや、いくらお金や時間を費やしても私の私の店長の仕事ノウハウは学べないでしょう。

「店長の仕事ノウハウ集」は、読み物風にまとめてありますので、一般の勉強用のテキストや書籍とはまったく異なります。面白く読んでいるうちに自然と重要なノウハウが身に付くように工夫されています。読みやすいからこそ、身に付くのです。

長文にお付き合い頂き、誠に有難うございました。あなたの益々のご発展をお祈り申し上げます。

「店長の仕事ノウハウ集」のお申し込み

「店長の仕事ノウハウ集」は、全450頁にもおよぶ膨大な書籍です。

スマホはOKですが、携帯で「店長の仕事ノウハウ集」はご覧頂けませんのでご注意ください。

商品イメージ

■銀行振り込みでお買い求めいただけます。

■商品は、デジタル版でのご提供となります。

特定商取引法に関する表記

当ホームページは、株式会社アクティブ・コンサルティングが運営しています。

特定商取引法ボタン

■ホームページ運営会社 : 株式会社アクティブ・コンサルティング
■事務所 : 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階

TEL:03-6202-7418  営業の電話は固くお断りいたします

■この商品についてのお問合わせは、株式会社アクティブ・コンサルティングまでお願い致します。

お申込みボタン

※お申込み内容はSSL暗号通信により、お送りいただいた内容がすべて暗号化されますので、ご記入いただく内容は安全に送信されます。

© 2020 店長の仕事ノウハウ集 Powered by AFFINGER5